最近の記事

2007年03月29日

植草教授の公判で「痴漢再現VTR」を上映

果たして!!教授の運命は?
電車内で女子高生に痴漢をしたとして捕まった元早大大学院の植草教授(46)の第6回公判が28日に行われた。
東京地裁では、痴漢事件の「再現実験DVD」なるものを法廷で公開した。その映像は、植草被告以外に「仮想の真犯人」が登場するという“仰天映像”だった。弁護側が制作した「痴漢DVD」は、植草被告の供述に基づくものと、被害者の供述によるものの2種類。この日は、前者だけが証拠採用された。
誠に異例であるし、なにより一度視聴してみたい。誰かがYouTubeにアップロードしそうな予感もある。

ネタ元:
http://news.livedoor.com/article/detail/3097823/
posted by 1号 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主演は松雪泰子ですよ!!

言っておくが主演は松雪泰子さんである!!

27日、今年で16回目を迎えた日本映画批評家大賞の授賞式が、秋葉原UDXで開催された。同賞は、映画評論家の水野晴郎が発案した、日本で最初の映画批評家だけが選考する映画賞。雑誌やスポーツ紙が主催する既存の映画賞とは違った、ユニークな選考基準で、毎回話題を集めている。
今回、この映画賞の特色がもっとも表れたのが、助演女優賞。なんと、『フラガール』で見事なダンスを披露した“フラガールズ”15人全員が賞を受賞したのだ。とかく、主演の蒼井優や山崎静代(南海キャンディーズのしずちゃん)ばかりが注目された同作だが、フラダンスに情熱を燃やす彼女たち15人の姿が、作品を感動的に盛り上げていたのも事実。とはいえ、助演女優賞の受賞者に女優ではなく、普通の一般人を選ぶあたりは、「日本映画批評家大賞」ならではの視点といえるかもしれない。
そんな彼女たちの晴れ姿を、授賞式後のフォトセッションで激写したのが、あの林家ペー。今回、「授賞式のオフィシャルカメラマン」として現れた林家ペーは、本格的な報道カメラを抱えたマスコミ陣に交じり、小型のデジカメでパシャパシャと受賞者たちを撮影していた。もちろん、衣装は全身ピンク。時折、本業のカメラマンたちにじゃま者扱いされていたが、有名人の写真コレクションが増えたことに、満足げな表情を見せていた。
主演がここまで無視される映画も珍しい。

ネタ元:
http://news.livedoor.com/article/detail/3096180/

posted by 1号 at 18:43| Comment(7) | TrackBack(0) | 芸能人 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

奥菜恵 ハリウッドデビュー

奥菜恵(27)がハリウッドに進出することが18日、分かった。米スリラー映画「シャッター」(来春全米公開)に出演することが決まった。今年のアカデミー作品賞「ディパーテッド」を手掛けたロイ・リー氏と、「リング」「呪怨」など世界的ジャパニーズホラーブームを仕掛けた一瀬隆重氏の日米敏腕プロデューサーがタッグを組んで製作する作品。強力な後押しを得たハリウッドデビューとなった。「シャッター」は日米を舞台にした心理スリラー。撮影に入ったばかりだが、物語の詳細は明らかにされていない。主演は女優レイチェル・テイラーと俳優ジョシュア・ジャクソン。今後が期待される俳優で、特にテイラーは、スティーブン・スピルバーグ総指揮の新作「トランスフォーマー」(今夏公開)に抜てきされ一躍注目されている。
 奥菜が演じるのは、物語のカギを握る重要な存在。オーディションを経て選ばれた。全編を通して存在感と演技力が要求される難役だという。出演は主に日本部分のため、セリフも日本語がメイン。語学的負担はないものの、撮影スタッフとのコミュニケーションは必要とされる。周囲には「精いっぱい取り組みたい」と話している。04年に離婚も経験したが、公演中の舞台「橋を渡ったら泣け」(東京・シアターコクーン)をはじめ、映画、ドラマ、舞台など幅広く活躍中。ハリウッド作品参加も女優として幅を広げるチャンスとなる。 離婚し吹っ切れたか。
アクセスアップにお困りの方
オレンジトラフィック

ネタ元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070319-00000020-nks-movi
posted by 1号 at 17:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 芸能人 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。